「相場は悲観の中に生まれ、懐疑とともに育ち、楽観の中に消えていく」略して悲・懐・楽(ナゲーヨッ!)

最近の形は短期から中期のスイングをメインに乗れるときはデイトレ、みたいな感じです。タイトルはホントは「相場は悲観の中で芽生え、懐疑の内に育ち、楽観と共に成熟し、幸福と共に消えて行く」ですが余計長いしwもちっと手前で弱気が僕のスタイル。逆指値ラブ。損をしなければ利はついて来る!弱気で弱気で。
CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ikeru君トレードの歩み


2006年4月
楽天証券に口座開設
160万の資金で株式トレード開始!
いきなり月〆でプラス33万!調子こく。
5月確定損益 −40M
マイナス街道へ。含み損切れず泥沼へ。
6月確定損益 −22M
含み損は仕込値から一時−50%を越え
(−70万にもなった)もはや現実逃避。
その時点で手仕舞いすると−110万と、
2ヶ月で資金3分の1に。
7月確定損益 +9M
地獄続行。もうどうしようもないと思ったが、
短期トレードがプラスになり始める。必死になる。
8月確定損益 +26.7M
ここで資産−10Mまで戻せた。ほっとした。このブログ始めた
9月確定損益 +19.2M
とうとう資産をプラ転へ。+12.4M。長かった。
10月確定損益 +40.1M
初めより資産+50.5M
11月確定損益 +21.2M
初めより資産+51.8M
12月確定損益 +41M
初めより資産+94.8M
2006年は確定損益で+135.4万
純資産増94.8万だった。よくやった
2007年1月確定損益 +54.2M
初めより資産+155M
40万出金。
2007年2月確定損益 +25.7M
初めより資産+186M
2007年3月確定損益 −8.9M
初めより資産+199.1M
2007年4月確定損益 +59.4M
初めより資産+265.6M
20万出金。
2007年5月確定損益 +67.4M
初めより資産増344.6M
30万出金。
2007年6月確定損益 +12.4M
初めより資産増352.8M
2007年7月確定損益 +27.9M
初めより資産増375.4M
2007年8月確定損益 +49.0M
初めより資産増425.5M
2007年9月確定損益 +39.4M
初めより資産増455.7M
2007年10月確定損益 +70.6M
最高月益!
初めより資産増533.5M
30万+50万、80万出金。
2007年11月確定損益 +15.8M
初めより資産増+560.3
200マソ出金!
2007年12月確定損益 +48.8M
初めより資産増+596
2007年は確定損益で+462.9万
純資産増+502.8万だった。最高によくやった
現在(1月末)株資金400M位
ARCHIVES
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
RECENT TRACKBACK
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 「なんで」2 | main | T君と暑気払い >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
需給のバランス
またある方のブログを拝見させていただきまして、考えたことです。
コメントを入れたのですが途中でエラーにどうしてもなってしまい、続きがかけませんでした。あのままでは中途半端で申し訳なかったので、僕のブログに書きます。

なんかいつも僕のコメントは長ったらしくて、反論みたいになって恐縮ですが、そんな気持ちは毛頭ありません。とてもSさんの記事で考えるきっかけになったり、参考になったりしています。 
懲りずに仲良くしていただけると幸いです。

慎重にそしてチャンスを逃さずいきましょう!(まぁ生き延びていればこの後、何回も何十回も無限にチャンスはありますね)


とういことで、前後しましたが本文です。



僕は需給の緩和というのをあちこち見ますが、実のところあまり信用してません。値が動いたということは買った人がいるということで。
たしかに信用需給バランスは変わってますが、信用取引は個人投資家です。今回大きく痛んだのは個人投資家です。僕は投資はマインドがすべてだと思っています。需給バランスでたしかに株価は決まるのですが、参加者が変わると数値の意味が大きく変わるわけで。だから先にマインドに火をつける要因(キッカケ)があって、そこで需給バランスはどうなの?かなと思います。

株はほとんどが実需じゃない。つまり”買わなくてもいいもの”でこの暴落でマネーゲーム時代からほかの方向へ転化するかもしれません(土曜日の朝日新聞の社説はそんな感じでした)

実需であるはずの不動産でもバブル崩壊後(僕はバブルの最中は世代じゃなかったので知りませんが)、地価が落ちるとこまで落ちて(新築が中古の高いときの半値くらいまでなった)どう考えても需給バランスが変わるはずのところまできました。しかし動きませんでした。住宅ローンの金利を大幅に下げ、住宅減税を大胆に施行しようやく動くようになりました(またバブルになっている気がしますが)。キッカケがないと冷えたマインドは動かないんだなあと実感しました。

たしかに金持ちはそういう時に仕込んで、政府などが動いてくれたり、なにかおきるまでじっと待てばよかった。それで金持ちはさらに金持ちになった。
ただ僕らもそうでしたが、中小は仕込んだらすぐに売らねばならずひどい目にあった。
実需ですらそうですから、今の株式のような値段だけが動くものは見極めが大事だと思っています。
安いと思って買ったものがさらに下がればそれは高いわけで、需給のバランスというのは変わらないという見方もあります。信用需給はこのような波乱の時は一夜ににして変わることもあるかもしれません。
株は不動産のように「住んで満足ならそれもよし」とはならない需給バランスです。

やはりマインドを向上させる出来事がなければどんどん個人は離れるでしょう。預金金利があがれば、わざわざ無理に投資なんてしなくていい人が多いでしょうし。
そうですね、今回金がこんだけFXや株など投資の世界に回っているのは(不動産バブルもそうだろう)、金利が低いからです。でも今回の暴落でいっぺんに醒めて、わざわざ投資なんてしなくってもという流れもあるかもしれないですね。


マケスピで日経225のチャートを月足にして眺めると冷静になれそうです。2000/04/28。
いや、こうなるとは言いませんが、こうならないということは言えないということを忘れずにいきたいです。見てのとおり3年も下がり続けている・・


追記
下がるって言ってるわけじゃないですよ!少なくても平行線が下がっていない限り(この場合9月線と24月線か)、月足ではまだ上げトレンドと見るべきだとは思います。
| 株 その他 | 13:38 | comments(3) | - | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 13:38 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
そんなに長文でしたかww
私は、不動産の仕事をしてるわけではないので、実感が全然違うのかもしれませんね。

東京方面は凄いのですね。
北海道なら札幌がちょっとだけ、そんな感じになりつつあるように見えますが、地方は前のバブル崩壊の影響を受け続けています。

投資の考え、相場の考えとかは、人それぞれで、自分の考えというのは、中々変える事ができるものではありません。
ikeruさんのおっしゃてる事は、すべては理解できていないかも知れませんが、理解はしています。
参考にさせていただきます。ありがとうございました。

でも、自分の考えを変える気はないです。
やはり経験でしか変えられないと思います。
ご理解してくださいますようお願いします。






| さとう | 2007/08/19 2:30 PM |
ああ、気分を害されたなら申し訳ありません。考えを変える必要はないと思います。それは大事なことで、それがないと自分の指標が持てません。
いろいろな見方はそれぞれの方面から正しいというのは絶対的な真理です。そしてそれぞれは結局同じなのだと思っています。

僕が言いたかったのは、何でもがいろんな側面があって、特に人間の心理はそのいろいろな側面の影響を受けて行動されます。特に今のような混乱期はどの指標も信用できません。システムトレードの崩壊で機関も大打撃をうけたと聞きます。
ひとつの側面だけでなく、いろいろな側面の回答を出しながら、見極めながら、おそるおそるでいいと思うのです。ひとつの事項は実はなんの決定の要素にはならないのだと思うのです。

こと相場に関しては後だしジャンケンで十分だと思うのです。僕たちは先駆者や予言者になるのではなく、そういうのは誰かにまかせて、その人たちが弾に当たって死なないなと確認してから進んでもずるいわけではないと思うのです。
投資に関してはパイオニアが偉くてすばらしいのでは絶対にないといえると思います。生き残ってるものが偉いのです。

なまいき申し訳ございません。ほんとに考えをただそうとかそんな気持ちはまったくありません。



今の都心(もちろん札幌もそう)の狂乱も、地方との格差も、いまだバブルの混乱がおさまっていないのだと思います。失われた10年なんていいますが、あれから大きく変わってしまってそれをマインドが吸収できてない結果だと思っています。
| | 2007/08/19 3:39 PM |
やはり書き込めないようでした。。

さとうさんのところのコメントも読みました。
ごめんなさい言葉足らずだったようで。
間違っているということではありません。

僕は信用売りを別にすれば買った人だけのマインドだけでいいかなとも思います。売った人は(売りたい人はのぞいて)もう持ってませんもんね、
あと所有者個人というならばナンピンしなければ平均取得価格は下がらないですよね?全体のといえばそうなのかもしれませんが、一回転すれば今の値段が平均値、つまり投げが終われば上も下も未知数と言える気もします。

余計なことでした。以後、控えます。
| ikeru君トレードの歩み | 2007/08/19 4:07 PM |
コメントする