「相場は悲観の中に生まれ、懐疑とともに育ち、楽観の中に消えていく」略して悲・懐・楽(ナゲーヨッ!)

最近の形は短期から中期のスイングをメインに乗れるときはデイトレ、みたいな感じです。タイトルはホントは「相場は悲観の中で芽生え、懐疑の内に育ち、楽観と共に成熟し、幸福と共に消えて行く」ですが余計長いしwもちっと手前で弱気が僕のスタイル。逆指値ラブ。損をしなければ利はついて来る!弱気で弱気で。
CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ikeru君トレードの歩み


2006年4月
楽天証券に口座開設
160万の資金で株式トレード開始!
いきなり月〆でプラス33万!調子こく。
5月確定損益 −40M
マイナス街道へ。含み損切れず泥沼へ。
6月確定損益 −22M
含み損は仕込値から一時−50%を越え
(−70万にもなった)もはや現実逃避。
その時点で手仕舞いすると−110万と、
2ヶ月で資金3分の1に。
7月確定損益 +9M
地獄続行。もうどうしようもないと思ったが、
短期トレードがプラスになり始める。必死になる。
8月確定損益 +26.7M
ここで資産−10Mまで戻せた。ほっとした。このブログ始めた
9月確定損益 +19.2M
とうとう資産をプラ転へ。+12.4M。長かった。
10月確定損益 +40.1M
初めより資産+50.5M
11月確定損益 +21.2M
初めより資産+51.8M
12月確定損益 +41M
初めより資産+94.8M
2006年は確定損益で+135.4万
純資産増94.8万だった。よくやった
2007年1月確定損益 +54.2M
初めより資産+155M
40万出金。
2007年2月確定損益 +25.7M
初めより資産+186M
2007年3月確定損益 −8.9M
初めより資産+199.1M
2007年4月確定損益 +59.4M
初めより資産+265.6M
20万出金。
2007年5月確定損益 +67.4M
初めより資産増344.6M
30万出金。
2007年6月確定損益 +12.4M
初めより資産増352.8M
2007年7月確定損益 +27.9M
初めより資産増375.4M
2007年8月確定損益 +49.0M
初めより資産増425.5M
2007年9月確定損益 +39.4M
初めより資産増455.7M
2007年10月確定損益 +70.6M
最高月益!
初めより資産増533.5M
30万+50万、80万出金。
2007年11月確定損益 +15.8M
初めより資産増+560.3
200マソ出金!
2007年12月確定損益 +48.8M
初めより資産増+596
2007年は確定損益で+462.9万
純資産増+502.8万だった。最高によくやった
現在(1月末)株資金400M位
ARCHIVES
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
RECENT TRACKBACK
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 死に急がない | main | そろそろ長期 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
兼業と専業
ある方のところで兼業がいいか、専業がいいか、という話題があった。その方は今の相場は専業じゃないと勝てない、と嘆いていた。
そんなことはない。僕はここんとこでも勝ってるし、僕のまわりでも勝ってる兼業は多い。

相場はいつも違う顔で、昨日と今日は同じようでも、違う。
だから、すぐに対応できるように板に張り付いていたいというのはわかるけれど、僕はそこで対応できるなら、つまり専業なら対応できるというのなら兼業でもできると思う。もちろん対応策は違うだろうが(それでも損をしないという方向は同じだ)

逆に兼業で対応できないなら、専業でもできないんじゃないだろうか。
専業のほうが判断に使える時間は短い。一瞬で判断しなければならない。
兼業の時間軸で判断に逡巡するものが、まさに鉄火場の真ん中で冷静かつ沈着に対応をくだせるか?だってその一手が生活費ですぜ。
だから専業はなおさらセンスがいる。他のあてがなく、腕一本で食ってくんだから。

専業はたしかにトレードに集中できる、ザラバにつきっきりでいられる、メリットはあります。

だけど兼業だってメリット多いですね。
一番は、リスクヘッジがトレードの基本とするならば(ハイリスクを無視しているなら長生きできないお)、兼業は株以外からも収入があるという点でもはや大きなヘッジがある。この有利さを利用できないで、ないものをねだっても何も活用が出来ないんじゃないか。逆に兼業でうまく理にかなったトレード法を構築できた人は、専業になってもそれに合った相場戦略を組めるかもしれない。専業できっちり勝ててる人は、慣れるのに時間がかかっても兼業の時間枠でも成績を残すと思う(専業で食えるのに兼業にならないかもしれないけど)

つまり専業も兼業も同じということ。どちらがいい、というのは相場の具合じゃない。もし仮に今の相場が専業に有利だったとして、仕事をやめて相場つきが変わったらどうするの?
たぶんいつも隣の芝は青くって、隣の芝を見ているうちは自分のトレードは確立されず、反省もされず、うまくはいかないんだ。






正月に野球をした。久々。体が痛くなった。
案外三が日でもユニホームきて試合やってる人って多いのですね。何チームか見かけた。

草野球で平日仕事をしながら野球をする。そこでちっとも打てない者がプロ野球の球が打てるか?
まあ草野球以上のセンスの持ち主でプロでも通用するかもしれない。でもそれなら草野球でも打ってるよね。
株の世界は恐ろしい。なんせプロテストとかないから客観的に自分が量れない。でも現状で結果が出ていないというならそれが答えじゃないか。まずは現状の対応をなんとかするというスキルアップじゃないか。
株も野球も努力なしでは何も成し遂げられない。そこに目をつむって隣の芝生の青さばかり見てもしょうがないよね。

それでも夢捨てられず、仕事を辞めてプロ野球のテストを受けるっていうならそれもロマンかもね。
でもその前に有給全部使ってデイトレで稼いでみればいい。

でもね僕は、相場というのはロマンと一番離れたとこにあると思う。そこはリアルしかない。ロマンチストはそこにいる猛獣たちの餌でしかないと感じています。

| 株 その他 | 14:20 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 14:20 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする