「相場は悲観の中に生まれ、懐疑とともに育ち、楽観の中に消えていく」略して悲・懐・楽(ナゲーヨッ!)

最近の形は短期から中期のスイングをメインに乗れるときはデイトレ、みたいな感じです。タイトルはホントは「相場は悲観の中で芽生え、懐疑の内に育ち、楽観と共に成熟し、幸福と共に消えて行く」ですが余計長いしwもちっと手前で弱気が僕のスタイル。逆指値ラブ。損をしなければ利はついて来る!弱気で弱気で。
CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ikeru君トレードの歩み


2006年4月
楽天証券に口座開設
160万の資金で株式トレード開始!
いきなり月〆でプラス33万!調子こく。
5月確定損益 −40M
マイナス街道へ。含み損切れず泥沼へ。
6月確定損益 −22M
含み損は仕込値から一時−50%を越え
(−70万にもなった)もはや現実逃避。
その時点で手仕舞いすると−110万と、
2ヶ月で資金3分の1に。
7月確定損益 +9M
地獄続行。もうどうしようもないと思ったが、
短期トレードがプラスになり始める。必死になる。
8月確定損益 +26.7M
ここで資産−10Mまで戻せた。ほっとした。このブログ始めた
9月確定損益 +19.2M
とうとう資産をプラ転へ。+12.4M。長かった。
10月確定損益 +40.1M
初めより資産+50.5M
11月確定損益 +21.2M
初めより資産+51.8M
12月確定損益 +41M
初めより資産+94.8M
2006年は確定損益で+135.4万
純資産増94.8万だった。よくやった
2007年1月確定損益 +54.2M
初めより資産+155M
40万出金。
2007年2月確定損益 +25.7M
初めより資産+186M
2007年3月確定損益 −8.9M
初めより資産+199.1M
2007年4月確定損益 +59.4M
初めより資産+265.6M
20万出金。
2007年5月確定損益 +67.4M
初めより資産増344.6M
30万出金。
2007年6月確定損益 +12.4M
初めより資産増352.8M
2007年7月確定損益 +27.9M
初めより資産増375.4M
2007年8月確定損益 +49.0M
初めより資産増425.5M
2007年9月確定損益 +39.4M
初めより資産増455.7M
2007年10月確定損益 +70.6M
最高月益!
初めより資産増533.5M
30万+50万、80万出金。
2007年11月確定損益 +15.8M
初めより資産増+560.3
200マソ出金!
2007年12月確定損益 +48.8M
初めより資産増+596
2007年は確定損益で+462.9万
純資産増+502.8万だった。最高によくやった
現在(1月末)株資金400M位
ARCHIVES
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
RECENT TRACKBACK
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< side B | main | side B その3 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
side B その2
また佐藤正午の「side B」から。


「当時の僕は予想紙もオッズも軽視していたし、競輪のことを一番わかってるのは自分だと思ってた。僕はよく独りよがりの予想でとんでもない車券を一点で買った。それが百回に一回くらい当たって、自分にはギャンブラーの才能があるんじゃないかと錯覚もした」

これを相場に置き換えれば、身に覚えないだろうか。僕はある。備えをしなかったトレードというのはみんなそうだ。
大きな損失を出したり、含み損をえんえんと持ってた時はまさにそうだった。株なんて簡単だと思ってたふしがある(それは何億だとか扇情的なタイトルの本を読んでたせいも多分にある)

エッセーに戻ると、
「でも今は多少違う。二倍台のオッズも、千倍を越えるオッズも、僕やあなたに似た無数の競馬ファンが予想したあげくの数字だから、つまり全国の歴戦のつわものの総意ともいえる数字だから、当然それなりの理由がある」

まさに僕もこれとおんなじ考えにいたったことがある。多分、去年の今頃のこと。
去年の今頃は寝る間も惜しんでチャートを印刷したり、四季報熟読したり、ニュースを調べつくしたりして、誰よりも先を見ようなんて思ってた。
しかしだ、しかしだよ。どんなやっても所詮片手間じゃん。プロや、もっともっと情報を早くつかめる人より相場がわかった気でいるの?ペーペートレーダーがなんかわかったつもりなの?って自分のバカさを笑っちゃった。そしたらすっかり寝る間を惜しむのはさめちゃったな。

それで考え方を変えた。皆がさんざん考えて生まれた相場の流れに乗った方が、どれだけ安全で楽か。色んな検討や、考察、データ取りは誰かがやっている。その上で決定され動くのが相場だ。つまり「つまり全国の歴戦のつわものの総意」で株価は動いているのだと。だからテクニカルで計る手法があるんだな。

それからかな、順張りばかりになったのは。確かに楽だ。

佐藤正午も書いている。
「本命を買うにしても穴を買うにしても、今の僕は、その点を重々わきめている、と思う。少なくとも平常心のときには」

そう平常心のときには、ね。

| 株 その他 | 19:32 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 19:32 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする