「相場は悲観の中に生まれ、懐疑とともに育ち、楽観の中に消えていく」略して悲・懐・楽(ナゲーヨッ!)

最近の形は短期から中期のスイングをメインに乗れるときはデイトレ、みたいな感じです。タイトルはホントは「相場は悲観の中で芽生え、懐疑の内に育ち、楽観と共に成熟し、幸福と共に消えて行く」ですが余計長いしwもちっと手前で弱気が僕のスタイル。逆指値ラブ。損をしなければ利はついて来る!弱気で弱気で。
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ikeru君トレードの歩み


2006年4月
楽天証券に口座開設
160万の資金で株式トレード開始!
いきなり月〆でプラス33万!調子こく。
5月確定損益 −40M
マイナス街道へ。含み損切れず泥沼へ。
6月確定損益 −22M
含み損は仕込値から一時−50%を越え
(−70万にもなった)もはや現実逃避。
その時点で手仕舞いすると−110万と、
2ヶ月で資金3分の1に。
7月確定損益 +9M
地獄続行。もうどうしようもないと思ったが、
短期トレードがプラスになり始める。必死になる。
8月確定損益 +26.7M
ここで資産−10Mまで戻せた。ほっとした。このブログ始めた
9月確定損益 +19.2M
とうとう資産をプラ転へ。+12.4M。長かった。
10月確定損益 +40.1M
初めより資産+50.5M
11月確定損益 +21.2M
初めより資産+51.8M
12月確定損益 +41M
初めより資産+94.8M
2006年は確定損益で+135.4万
純資産増94.8万だった。よくやった
2007年1月確定損益 +54.2M
初めより資産+155M
40万出金。
2007年2月確定損益 +25.7M
初めより資産+186M
2007年3月確定損益 −8.9M
初めより資産+199.1M
2007年4月確定損益 +59.4M
初めより資産+265.6M
20万出金。
2007年5月確定損益 +67.4M
初めより資産増344.6M
30万出金。
2007年6月確定損益 +12.4M
初めより資産増352.8M
2007年7月確定損益 +27.9M
初めより資産増375.4M
2007年8月確定損益 +49.0M
初めより資産増425.5M
2007年9月確定損益 +39.4M
初めより資産増455.7M
2007年10月確定損益 +70.6M
最高月益!
初めより資産増533.5M
30万+50万、80万出金。
2007年11月確定損益 +15.8M
初めより資産増+560.3
200マソ出金!
2007年12月確定損益 +48.8M
初めより資産増+596
2007年は確定損益で+462.9万
純資産増+502.8万だった。最高によくやった
現在(1月末)株資金400M位
ARCHIVES
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
RECENT TRACKBACK
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 8月の終わり、夏の終わり。見切り千両 | main | オーアメリカ! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
川の流れのように


8月の終わりは動きがなくて困った、なんて書いてたら急に動きましたね。下にでしたけど。特に昨日9月2日は久々のドラマティックでした。日経の5分チャートのっけます、あとあと見たくなりそう。

これはアジア圏の急落に連動した結果、直近の底値である12720円まできてしまったためのどっかんみたいです。セリクラ気味でしたね。ただセリクラにしてはまだ物足りないか。9月3日はどっちつかず若干高めという結果で、まだしこりはあるか。

まぁなんせ動かないより動いてるのはぜんぜんいい。ラク。それが上でも下でも。動けばいろいろなことが出来るし、いろいろなラインもひける。

僕は基本、動きだしたときは順張りでを合言葉(?)にしてます。なかなか意に反した仕掛けをしてしまったりするんですけど、欲に負けて(反省)
なぜなら動きはなんらかの”動意”があるわけで、それは巨大なエネルギーだから逆らってもしょうがないし、そこを”見切る”努力はリスクばっかり大きくて実入りが少ないと思われるからです。

例えば12700あたりが底値支持ラインだとして、じゃぁそのあたりで逆張りでリバウンドを狙うのはオオケガの元だと思われます。この場合、底に触れたことで逃げ出したり、売り浴びせたりした向きが多く、さらにパニックを呼ぶという形で2段も3段も下まで行きました。まさにこの夏も各地で頻出した土石流みたいなものです。または鉄砲水。流れの勢いは時に激しく、人の予測もしくは期待通りにはならないのです。

ここは流れに乗るのがラクで比較的安全な方法だと思います。もし直近底値で跳ね返されても、”おや底固い”と確認すればよいだけですし、その場合逃げ場も多いです(いきなりVの字リターンはあまりない。たいていフラフラ迷うから)

逆張りでも方法はあるでしょう。底値支持ラインより少しだけ上に入って、割ったらそっこうLCすることだけを守れば、そうはやられない。しかし逆張りの目だとなかなかこkでLCできなかったりする。どうしても自分の見立てたリバのラインに固執してしまい、”あれ、もう少しか?””もういいかげんに。。”なんてヘンに耐えてしまって、もしくはナンピンしてしまって傷を広げがちだ。人間なかなか頭に引いた欲望のラインの修正はきかない。
資金が豊富な人ならいい。多少の時間的ロスや含み損に耐えられる人なら。ナンピンだって出来る(無理やりではなく余裕をもって)。ほっといてほかのトレードも出来る。
いずれはやはりこの底ラインはやはり意識されてて戻すんじゃないか。
でも僕にはしんどい。

順張りのLCは単純だ。真っ直ぐいくーと思ってたとこがいきなり曲がるんだ。”げ、俺曲げ屋??”と嘆いて降りればいい。ユリゲラーみたいに曲げちゃったってことは、逆にすごいことだから落ち込むことはない。そんな確率は少ないんだから、損をみとめよう。そして次に行こう。あーせいせいする。これならすぐ取り戻せるはずだ。
まぁここでもヘンに意地になって曲がっても(つまり目論見外れても)耐えちゃったら、同じことだけどね。

しかし四六時中見れない僕ら兼業はどうすべきか。タイミングよくこんな場面に見れないだろう。それは残念だけどしょうがない。後からあわてて入るのはよくない。底値が近くに見えてる場合にポジを持ってるなら一応これを想定しておこう(僕は必ず逆指値をいれておく)
仕掛けられないのはほんとしょうがない。しかし相場にいればこんな場面は何度も何度もある。上でも下でも。そんな場面にはまることだってきっとある。リアルタイムじゃなくったって夜にこれを見て翌日以降のために考えることはいっぱいあるはずだ。だからタイミングにはまる日が来るように、うまくはまるように、生き残って精進していきたいですなぁ。


で、明日以降は?
わかんないほうがいいです。へんに予測しないほうが。これがセリクラであく抜けなんて決め付けないで、”どう?どっちいくの?”くらいが。”ああ、あれセリクラであく抜けたのねー”なんて確認してからでいい。なんせ動いてればなんでもできる。もちろん身軽であるならば、ですけど。


今年の夏はほんと豪雨雷雨の日が多くて川も増水してました。増水した川はほんと危険なんですけど、相場の場合はチャンスでもあるんです。しつこいけど、ユメユメ油断だけはなさりますな。


あーあこんな時間まで仕事(家でなつやすみの宿題のように)してるんですけど、そういうときに限ってこんなん書いて現実逃避しちゃうんだよなーー。
| 株 トレードLVアップを目指す | 00:30 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 00:30 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする