「相場は悲観の中に生まれ、懐疑とともに育ち、楽観の中に消えていく」略して悲・懐・楽(ナゲーヨッ!)

最近の形は短期から中期のスイングをメインに乗れるときはデイトレ、みたいな感じです。タイトルはホントは「相場は悲観の中で芽生え、懐疑の内に育ち、楽観と共に成熟し、幸福と共に消えて行く」ですが余計長いしwもちっと手前で弱気が僕のスタイル。逆指値ラブ。損をしなければ利はついて来る!弱気で弱気で。
CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ikeru君トレードの歩み


2006年4月
楽天証券に口座開設
160万の資金で株式トレード開始!
いきなり月〆でプラス33万!調子こく。
5月確定損益 −40M
マイナス街道へ。含み損切れず泥沼へ。
6月確定損益 −22M
含み損は仕込値から一時−50%を越え
(−70万にもなった)もはや現実逃避。
その時点で手仕舞いすると−110万と、
2ヶ月で資金3分の1に。
7月確定損益 +9M
地獄続行。もうどうしようもないと思ったが、
短期トレードがプラスになり始める。必死になる。
8月確定損益 +26.7M
ここで資産−10Mまで戻せた。ほっとした。このブログ始めた
9月確定損益 +19.2M
とうとう資産をプラ転へ。+12.4M。長かった。
10月確定損益 +40.1M
初めより資産+50.5M
11月確定損益 +21.2M
初めより資産+51.8M
12月確定損益 +41M
初めより資産+94.8M
2006年は確定損益で+135.4万
純資産増94.8万だった。よくやった
2007年1月確定損益 +54.2M
初めより資産+155M
40万出金。
2007年2月確定損益 +25.7M
初めより資産+186M
2007年3月確定損益 −8.9M
初めより資産+199.1M
2007年4月確定損益 +59.4M
初めより資産+265.6M
20万出金。
2007年5月確定損益 +67.4M
初めより資産増344.6M
30万出金。
2007年6月確定損益 +12.4M
初めより資産増352.8M
2007年7月確定損益 +27.9M
初めより資産増375.4M
2007年8月確定損益 +49.0M
初めより資産増425.5M
2007年9月確定損益 +39.4M
初めより資産増455.7M
2007年10月確定損益 +70.6M
最高月益!
初めより資産増533.5M
30万+50万、80万出金。
2007年11月確定損益 +15.8M
初めより資産増+560.3
200マソ出金!
2007年12月確定損益 +48.8M
初めより資産増+596
2007年は確定損益で+462.9万
純資産増+502.8万だった。最高によくやった
現在(1月末)株資金400M位
ARCHIVES
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
RECENT TRACKBACK
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 川の流れのように | main | 世界経済の崩壊 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
オーアメリカ!
アメリカは凄いね。速攻力が違う。日本の「失われた10年」はなんなんだろうね。AIGに9兆円、住宅下支えに10兆円以上ですよ。もちろんこれで終わり、平和を取り戻した!ってわけにはいかないだろうけど対応はすみやかにする!ってことは明確なわけで、もう素直にすげえなぁと思うわけです。アメリカだって大統領選を目の前にして政治の空白ですよ。日本は政治に空白なんかなくてもなんも出来ない。
(以上、カブトモの日記から重文)

日本は責任問題に非常に弱いですもんね。だれも責任やら決断やらの言葉は嫌い。だから日本の選挙は、総裁選もですけど盛り上がらない。「選挙なんていってもー、ねぇ誰も責任とらないし事無かれなんでしょ?」なんてしらけムードが当然顔になっちゃう。

アメはその点、決断力は強烈、もちろんその責任も背負いながら。それがリーダーシップ。
僕は経営者として、そういうリーダーシップは非常に憧れるね。
今回の大恐慌のような実体経済をはるか置き去りにした資本主義の暴走はいただけないけど。

コイズミさんに賛否両論が多く、いまだに声があるのも、決断力があったから。たとえ見せ掛けでも。はっきりしてた。責任感はあったかどうかわからないけど。だから選挙盛り上がったよね。
あーいう、こっちかこっち!って選べる政治がいいよね。どっちでも同じー、じゃなくてさ。なんでも決断し対応する政治。


何もしなかったことによって被った損失は計り知れない。失われた10年を経て日本の株価は25000円台から酷いときは7600円まで落ちたんだ。日本の時価総額、日本の価値がこんなに減少してしまったのだ。山一證券から始まり、拓銀、長銀、日債銀と銀行は次々破綻し、融資の無くなった企業もばたばたと逝った。すっかり焼け野原。
その間に韓国やインド、中国などに追いつかれ追い越された部分も大きい。抜かれることのない差だったと思う。日本人は勤勉だったし、努力や向上心もハンパなかっただろうから。

今じゃこの体たらく。リーダーが何も手を打たず、結局打つのに10年かかったってことだ。すっかり向上心は失せ、逆にその引け目からか一生懸命はかっこ悪いの代名詞に。”働いたら負けかなと思ってる”人もでてきてさ。そーでも思わないと、現状を受け入れられないからね。
しかししらけばっかりの社会じゃよくなるわけはないと思うよ。退廃へのスパイラル。それが今の日本じゃないか。

毒米は政府の後押しでどこまでも浸透し、企業はこの後もどんどんやられるだろう。それは企業のコンプライアンスの低下のせいだ?たしかにそうだけどそれだけじゃない。それをさせる国だということが問題。今のこの国は誰も責任をとらず、なにもよいことを決めず、どこにも方向を示さない、そんなリーダー不在の国なのだな。

まずは自分から、自分の周りから、向上心を持つということがかっこいい、すばらしいことだと思う社会作りを目指したい。

今日は少し株から離れちゃったな。でもそれこそが”投資”したくなる日本だと思うのだけど。

で、トレードとしてはこんなギャンブル相場付き合うな!って感じで。もうすぐ体制決するでしょ。
| 株 その他 | 21:38 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 21:38 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする