「相場は悲観の中に生まれ、懐疑とともに育ち、楽観の中に消えていく」略して悲・懐・楽(ナゲーヨッ!)

最近の形は短期から中期のスイングをメインに乗れるときはデイトレ、みたいな感じです。タイトルはホントは「相場は悲観の中で芽生え、懐疑の内に育ち、楽観と共に成熟し、幸福と共に消えて行く」ですが余計長いしwもちっと手前で弱気が僕のスタイル。逆指値ラブ。損をしなければ利はついて来る!弱気で弱気で。
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ikeru君トレードの歩み


2006年4月
楽天証券に口座開設
160万の資金で株式トレード開始!
いきなり月〆でプラス33万!調子こく。
5月確定損益 −40M
マイナス街道へ。含み損切れず泥沼へ。
6月確定損益 −22M
含み損は仕込値から一時−50%を越え
(−70万にもなった)もはや現実逃避。
その時点で手仕舞いすると−110万と、
2ヶ月で資金3分の1に。
7月確定損益 +9M
地獄続行。もうどうしようもないと思ったが、
短期トレードがプラスになり始める。必死になる。
8月確定損益 +26.7M
ここで資産−10Mまで戻せた。ほっとした。このブログ始めた
9月確定損益 +19.2M
とうとう資産をプラ転へ。+12.4M。長かった。
10月確定損益 +40.1M
初めより資産+50.5M
11月確定損益 +21.2M
初めより資産+51.8M
12月確定損益 +41M
初めより資産+94.8M
2006年は確定損益で+135.4万
純資産増94.8万だった。よくやった
2007年1月確定損益 +54.2M
初めより資産+155M
40万出金。
2007年2月確定損益 +25.7M
初めより資産+186M
2007年3月確定損益 −8.9M
初めより資産+199.1M
2007年4月確定損益 +59.4M
初めより資産+265.6M
20万出金。
2007年5月確定損益 +67.4M
初めより資産増344.6M
30万出金。
2007年6月確定損益 +12.4M
初めより資産増352.8M
2007年7月確定損益 +27.9M
初めより資産増375.4M
2007年8月確定損益 +49.0M
初めより資産増425.5M
2007年9月確定損益 +39.4M
初めより資産増455.7M
2007年10月確定損益 +70.6M
最高月益!
初めより資産増533.5M
30万+50万、80万出金。
2007年11月確定損益 +15.8M
初めより資産増+560.3
200マソ出金!
2007年12月確定損益 +48.8M
初めより資産増+596
2007年は確定損益で+462.9万
純資産増+502.8万だった。最高によくやった
現在(1月末)株資金400M位
ARCHIVES
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
RECENT TRACKBACK
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< オーアメリカ! | main | やられるべくしてやられてしまう人 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
世界経済の崩壊
ほんと最近は一つの歴史を見てる気がします。歴史の終わりというか。
世界経済の崩壊、それを目の当たりにしてます。
どんなことでもありうるのだ。

今年の頭ごろの暴落時、「日経が10000割っても驚かない、一度通った門はまたくぐるから、それを想像してトレードしよう」みたいなことを書いたと思う。
だけどやっぱここまでくると感慨深い。やっぱ驚く。

人間はきっと誰もが過去の経験則で物事を考えてしまう。それ以外は想定の範囲を超える。
でもそれに縛られないものが生き残れる世界が相場なのかなぁと思う。
経験則を頼りに方向を探りながら、その経験にはあてはまらないことがあるとたえず意識しなければ。

僕はツイてるほうだと思う。経験が少ないのでいつも手探りだ。疑ってかかってる。それが怪我しないことにつながってる気がする。経験がないんだと開き直って、ある意味ポリシーなく立ち回る。それこそポリシー。逆にチャンスになることもある。

僕は10000を割る事だってあることだとは思っていた。
それは日経が7000円台まで落ちた時代、僕はトレードをしていなくて相場にいなかったけれど、銀行が潰れていく経済を身をもって知ったしそのプロセスを見てきたからもある。
うちのメインの銀行もつぶれ整理回収銀行(後の機構)となった。ここは金を回収するだけで出しはしないから、あっというまに仕事は逼迫し、あれは苦しかった。まだ”救う神”がいてくれたので幸運だったほうだ。父はバブルの洗礼をうけ死んだ。

今の世界経済は現時点完全にアウトだ。今日アメリカは金融安定法案を2度目にして(茶番だ!)可決したが、ダウはその直後に急降下だ。騰がらなかった。
今回の金融対策法はなんにもならないということを露呈させた。国が金を出して金融機関の不良資産を時価で買い取っても、金融機関にはなんの助けにもならないし(そりゃそうだ)、金融機関も資本減になるから時価でわざわざ国に売っても仕方ないだろう。かといって高く不良資産を国が買い取ることは、税金でなわけだから国民は納得しないだろう。まぁ高く買ったところで金融が安定するかもわからないし。
つまり打つ手は無しだ。
とりあえず今のところ。

ヒジョーに日本のバブル崩壊と似ている。日本のほうが動きが鈍いから国が取り掛かるのにも時間がかかったが。
日本はまず不良資産を回収する整理回収銀行を作った。各銀行から出向した人間達が業務をおこなっていた。しかし不良債権を生み出した本人達がなにができようか。僕も当時中野坂上のあそこにはさんざ通ったけど。
経済の低迷、資産デフレは止まらず、後から後から不良債権は膨らんでいくばかりだった。そして銀行への資本注入。これも中途はんぱで、特定銀行救済だと風当たりも強いだろうし、その注入された銀行は一挙に信用不安になるだろうから、全ての銀行一律資本注入。そのため一行1000億円となんにもならないような策で、その後長銀、日債銀などばたばた倒れ、国有化の道となった。

結局国の丸抱えしかなかった。そしてこのバブル崩壊は日本だけで世界経済は悪くなかったので、外需やハゲタカによる日本の資産買い(叩き)で持ち直すことが出来た。ようやく経済崩壊は底をみた。10年、失われた10年だ。


アメリカは反応は早いほうだ。しかし今は大統領の任期満了もあり混沌期。そしてこの世界経済崩壊は日本のバブル崩壊シナリオのように、やはり打つ手はないのか。
なんせ実体がどこまで悪いのか誰にもはじき出せないから。システムの崩壊だからだ。

そしてアメリカの崩壊は世界の崩壊でもある。世界の金融システムの崩壊。終焉かも。
主要国がおかしくなっても新興国の好景気が世界を支える、なんて楽観はやはり夢物語だったようだ。世界中が散々たる状態。日本のバブル崩壊のような一国の問題ではない。引っ張り上げてくれるところは無いのだ。

つまり世界の失われた10年になってもなんらおかしくない。
もちろん今後何か世界一丸で良策を見つけ出すかもしれないし、そう期待するけれど、残念ながらそんなのわからない。いつも最悪を見ておいたほうがいいし、もちろん見てるだけじゃダメで対応を考えておくべきだ。

つまり底などない、というのを心しなければいけないし、そこに目をそらしちゃだめだと思うんです。僕はそう心したい。


とんでもないとこまで考えれば、全株式市場の停止もあるかもだし、株式資本主義の崩壊、経済システムのリストラクチャかもしれない。
まぁとんでもない話だって、いろいろ想像(空想)しとくのは悪くないと思う。



さて、ということでトレードをする上で今の事態からいろいろ学ばなくては。
こういう極端にこそ身につけるべきことがあるし、それが見えやすい。よく考えれば100年に1度の経験をさせてもらえてるんだ、これを大切にしなきゃもったいない。

まず”ここまではさすがに無いだろう”という考えはやめなくてはいけない。それがある限り相場で勝てるわけが無い。”ここまでは・・”というのは自分の物差しだ。そんなのは相場の規模、もしくは世界の規模から考えれば無いに等しい。
ただ予想しなければトレードも出来ない、というのも事実。入り時がない。物差しがなくてはどうしようもない。じゃぁどうするか。”信じない”につきる。少しでも予想を超えたら、その予想は白紙にしたほうがいい。すぐに自分の物差しなんか捨てちゃう。いつも動けるようにしておかないと、そのお金は動ける人のものになるだけだ。
予想を超えたけど、なんにもしなくても元に戻って助かった、そんなことも多いだろう。だけどロンドン橋はかならずいつかどこかで落ちる。その落ちそうなときにそばから離れていられないなら、長生きはできない気がする。

もうひとつ、やはり学ぶこと、学び続けることだ。経験にとらわれると痛い目にあうって上で書いたけど、経験がなければもっと勝てる道がない。ようは惰性にならないように、過信しないように。
学び続けなければならない。努力は怠ってはいけない。勝ちたいなら。
どんな職業でも、努力なく勉強もしなければ稼げるわけないですよね。いっちょ前にはなれない。僕はどんなことでも、金儲けじゃなくても、やるからにはいっちょ前に近づきたい。
とくにお金の話とダイエットは”なんとなく”ではなんともならない。そんな甘い話ではない。まぁダイエットのほうは何も言えないが。。
そして学ぶことに喜びを感じるほうがいい。興味をもつこと、楽しいことは続く。続けることが経験になるのだから、学び続けなくちゃいけない。
経験を積む、というのもただだらだらと時間を重ねてるだけではだめだ。参加して経験を積んでるような気になってるだけじゃだめだ。長く相場にいればいいってもんじゃない。
考察し記憶し体にしみこませなければ。痛みを記憶し、出来事を記憶し、それを将来引出しからだせなくては。そのためには日記もしくは毎日じゃなくてよいからトレードをおこなったり何か出来事があったときはメモを残すのがいい。抜群に。人間の記憶なんかたかが知れてる。あいまいだし。強烈な痛みだって忘れる。それじゃ経験を積んだことにはならない。メモをとり、それについてあとからひっぱりだして眺めたりまた考えてみるのがいい。痛みにだって目をそらさず。それが一番の勉強だと思うし、経験を積む早道だと思う。

がぁ、またなんか際限なくだらだらと書いてしまった。これはほんと自分への覚え書き。
| - | 02:45 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 02:45 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする