「相場は悲観の中に生まれ、懐疑とともに育ち、楽観の中に消えていく」略して悲・懐・楽(ナゲーヨッ!)

最近の形は短期から中期のスイングをメインに乗れるときはデイトレ、みたいな感じです。タイトルはホントは「相場は悲観の中で芽生え、懐疑の内に育ち、楽観と共に成熟し、幸福と共に消えて行く」ですが余計長いしwもちっと手前で弱気が僕のスタイル。逆指値ラブ。損をしなければ利はついて来る!弱気で弱気で。
CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ikeru君トレードの歩み


2006年4月
楽天証券に口座開設
160万の資金で株式トレード開始!
いきなり月〆でプラス33万!調子こく。
5月確定損益 −40M
マイナス街道へ。含み損切れず泥沼へ。
6月確定損益 −22M
含み損は仕込値から一時−50%を越え
(−70万にもなった)もはや現実逃避。
その時点で手仕舞いすると−110万と、
2ヶ月で資金3分の1に。
7月確定損益 +9M
地獄続行。もうどうしようもないと思ったが、
短期トレードがプラスになり始める。必死になる。
8月確定損益 +26.7M
ここで資産−10Mまで戻せた。ほっとした。このブログ始めた
9月確定損益 +19.2M
とうとう資産をプラ転へ。+12.4M。長かった。
10月確定損益 +40.1M
初めより資産+50.5M
11月確定損益 +21.2M
初めより資産+51.8M
12月確定損益 +41M
初めより資産+94.8M
2006年は確定損益で+135.4万
純資産増94.8万だった。よくやった
2007年1月確定損益 +54.2M
初めより資産+155M
40万出金。
2007年2月確定損益 +25.7M
初めより資産+186M
2007年3月確定損益 −8.9M
初めより資産+199.1M
2007年4月確定損益 +59.4M
初めより資産+265.6M
20万出金。
2007年5月確定損益 +67.4M
初めより資産増344.6M
30万出金。
2007年6月確定損益 +12.4M
初めより資産増352.8M
2007年7月確定損益 +27.9M
初めより資産増375.4M
2007年8月確定損益 +49.0M
初めより資産増425.5M
2007年9月確定損益 +39.4M
初めより資産増455.7M
2007年10月確定損益 +70.6M
最高月益!
初めより資産増533.5M
30万+50万、80万出金。
2007年11月確定損益 +15.8M
初めより資産増+560.3
200マソ出金!
2007年12月確定損益 +48.8M
初めより資産増+596
2007年は確定損益で+462.9万
純資産増+502.8万だった。最高によくやった
現在(1月末)株資金400M位
ARCHIVES
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
RECENT TRACKBACK
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< やられるべくしてやられてしまう人 | main | 幻想を捨て反省を友に >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
スタイルを固める
すっかりこちらご無沙汰です。
さすがに株だけじゃなくいろいろ忙しくなってました。まぁあんまり景気に関係なくやってける仕事形態のはずなんですけど、やっぱり影響あるね。周りが暗いものね。誰もが疲れれば、お金は入ってこなくなるよ。。。

相場はとうとう26年ぶりに日経は安値更新したりして、アメリカは小浜氏が大統領になっちゃったりして、歴史的瞬間をやっぱり見ましたね。
しかし阿鼻叫喚のブログも多かったですね。

まぁいつも余裕は持ちたいです。でも時間とか、本業とか、忙しいですね。

さて今回も自分の整理も含めて、これまでに実感をしてこれは大事だと思うことの覚書を。つらつらと。

1、「逆張り、順張りで固執するのではなく使い分ける」
こんなこと言うと曖昧でテキトウに順逆使っちゃうか。
はっきり定義するとあくまでも僕の場合ですけど、方向性がある相場時は順張り、乱高下の持ち合い方向なしの場合は逆張り・もしくは触らず。それは強く意識してます。

方向が出てる時に逆張りは、とても困難だと思います。たとえばぐんぐんあがってるからそろそろ下がるだろうと売る、それは”値ごろでの仕掛け”であって確率は悪いものです。たとえ戻しがあっても十分に益はでづらく、結局はまたトレンドに向いてしまうので、それを利益にするのはタイヘン。わざわざ無駄な努力をしなくても、順張りでいいじゃないか。

たとえばえらいあげたー(3空)って売りで向かっても

下を見ての通り、ぜんぜん旨みがないどころか、担がれたり、もしかしたら殺されちゃう。


たとえ少し戻した時にうまく売れたとしても、たかが知れてる。危ない賭けに見合った儲けとは言い難い。

もちろんえらく下げまくってる時に、おーっ下がったーっと飛びついて買うのもそうだ。
やっぱり基本はトレンドの戻り買い(上がってる最中、いったん利確に押されて下がったところを買う)、戻り売り(その逆)だろう。その他は”もったいない(時間も金も)”



逆張りは、トレンドがなくなってどーすんのよどっちなのよ、というギッコンバッタンの時によい。ボックスを形成し持合いになってるような場合だ。こんな時は順張りで追っても上にも下にも抜けないんだから無理。
持合いなら逆張り。目先のボックスに注目、拡大解釈はしないで。それなら仕掛ける目処はある。仕掛ける場所の根拠があまりに自分勝手じゃ、逆張りというかそれは山カン。山カンで勝てるのは超能力者だけじゃない?え?超能力者もむり?
ただやはりトレンドを追うような相場の順張りより、持合いの時というのは波乱が大きいから怪我も大きいけどね。逆張りは大怪我と隣り合わせと心していく。


いつでも逆張りではただの駄々っ子みたいで無鉄砲。もっと楽で安全があるだろう?ひねくれていては相場じゃなくても成功は難しい。
また、方向なしな相場なのに順張りじゃ、バカの一つ覚えで撃ってくださいと言ってる様なもの。乱高下の持ち持ちならば、少しはギャンブルで逆張っちゃう?もしくはお休みだ。

使い分けたい。そのために相場を追ってる。



2、「今の相場を強いと見るか、弱いとみるか、それは時間軸の違いである」
これも当然のことだけど、皆(ストラテジストさんとか)があちこちでいろんなことを言う。プロも僕らみたいなシロウトもあちこちでいろんなことを言う。”上がるか、下がるか”
どれも正しい。株は下がる。正しい。株は上がる。正しい。8000円を割る。正しい。15000円を回復する。正しい。
それには”いつ”というのが抜きで語られるからだ。だから人の話を聞いて予想しても、同じ時間軸で考えてるかはわからないから、鵜呑みにできない。
そして塩漬けをしたいと思わないなら、自分の時間軸はぶれないほうがいい。

今日明日、もしくは明後日くらいの目先スイング(僕だ)なら、アテが外れて逆につれてかれたらさっさと切るべき。短い期間の予想ほどシビアにやらないとウソ。いつかは戻る、ってそんな時間軸でインしたわけじゃないはず。そこはブレたら、もうただの一か八かで、そんなんで勝てるならみんな株をやるだろう。

自分の時間軸をしっかり持つ。決めておく。これは大事だと思う。




自分のスタイルを見極めるために、経験を積むんだね。逆に言えば、スタイルをいつまでもあいまいに決めきれないとすれば、今までのことは経験とは呼べない(惰性)のかもしれないなぁ。
| 株 トレードLVアップを目指す | 21:08 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 21:08 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする