「相場は悲観の中に生まれ、懐疑とともに育ち、楽観の中に消えていく」略して悲・懐・楽(ナゲーヨッ!)

最近の形は短期から中期のスイングをメインに乗れるときはデイトレ、みたいな感じです。タイトルはホントは「相場は悲観の中で芽生え、懐疑の内に育ち、楽観と共に成熟し、幸福と共に消えて行く」ですが余計長いしwもちっと手前で弱気が僕のスタイル。逆指値ラブ。損をしなければ利はついて来る!弱気で弱気で。
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ikeru君トレードの歩み


2006年4月
楽天証券に口座開設
160万の資金で株式トレード開始!
いきなり月〆でプラス33万!調子こく。
5月確定損益 −40M
マイナス街道へ。含み損切れず泥沼へ。
6月確定損益 −22M
含み損は仕込値から一時−50%を越え
(−70万にもなった)もはや現実逃避。
その時点で手仕舞いすると−110万と、
2ヶ月で資金3分の1に。
7月確定損益 +9M
地獄続行。もうどうしようもないと思ったが、
短期トレードがプラスになり始める。必死になる。
8月確定損益 +26.7M
ここで資産−10Mまで戻せた。ほっとした。このブログ始めた
9月確定損益 +19.2M
とうとう資産をプラ転へ。+12.4M。長かった。
10月確定損益 +40.1M
初めより資産+50.5M
11月確定損益 +21.2M
初めより資産+51.8M
12月確定損益 +41M
初めより資産+94.8M
2006年は確定損益で+135.4万
純資産増94.8万だった。よくやった
2007年1月確定損益 +54.2M
初めより資産+155M
40万出金。
2007年2月確定損益 +25.7M
初めより資産+186M
2007年3月確定損益 −8.9M
初めより資産+199.1M
2007年4月確定損益 +59.4M
初めより資産+265.6M
20万出金。
2007年5月確定損益 +67.4M
初めより資産増344.6M
30万出金。
2007年6月確定損益 +12.4M
初めより資産増352.8M
2007年7月確定損益 +27.9M
初めより資産増375.4M
2007年8月確定損益 +49.0M
初めより資産増425.5M
2007年9月確定損益 +39.4M
初めより資産増455.7M
2007年10月確定損益 +70.6M
最高月益!
初めより資産増533.5M
30万+50万、80万出金。
2007年11月確定損益 +15.8M
初めより資産増+560.3
200マソ出金!
2007年12月確定損益 +48.8M
初めより資産増+596
2007年は確定損益で+462.9万
純資産増+502.8万だった。最高によくやった
現在(1月末)株資金400M位
ARCHIVES
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
RECENT TRACKBACK
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< スタイルを固める | main | 華麗にスルー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
幻想を捨て反省を友に
株をやって負ける人は9割らしい。つまり儲けられるのは1割だと。
僕は常々これは眉唾だと思っている。ほとんどの人が負けるなんて信じられない。それは僕もそうだし、僕の回りも、カブトモでいつも拝見させて参考にさせていただいてるかたも、利を上げてるものは上げている。
もちろん損をしている人もいる。残念ながら。しかしそれが9対1だというのはどうしても信じられない。

何年か相場と付き合ってきて、そしていろいろな方を見たりして、損をするにはやはりパターンというか理由があると感じる。
これはエラそうに誰かを諭そうとするのではなく(そんなの無理なんだ)、自分にもある部分なので本当に自戒をこめてだ。

・後回しにしがち。
損はリアルタイムだから、これはヤバイ。資金を減らしたくなければ、まず対応を考えなければ。フリーズするなら、大切なお金を危険な前線に曝すな。

・後悔はあっても反省はない。
やはり人生は学習だから、なにからでも学ばなきゃな。後悔は先にたたない。そして役にも立たない。反省して次につなげるべき。反省できなきゃ次に行かない。

・都合のいい考えに固執しがち。
だいたい目をつぶって現実逃避をするパターンだ。どうしても都合のいい情報だけ集めてしまう。まず情報は間違っているかも、自分は間違っているかもという、否定的見解も十分に持っておくべきだ。

・リスクというものを知らない。もしくは軽く考えている。
リスク感の希薄は問題意識の希薄でもある。リスクを恐れるならば、対応もきちっとするはず。リスクを恐れて何もしないんじゃ話にならないが。

・簡単にあきらめる。才能がなかったとか考える。
少なくても天才的な相場感がなくったって利益は必ずだせる、と確信する。才能じゃない、あきらめずちゃんとやるかやらないか、でしょう。

・予想をたてたがる。
相場がどうなるなんてわからない。こうなりそうって思っちゃうのはしょうがないし、それがんきゃ始まらないってのもあるけど、あまり意味はない。だってわかってたらビッグ3のトップ達はあそこであんな青い顔を今してないでしょ?上へいきそうか、下へいきそうか、そしてその根拠は?それを出来るだけ客観的に積み上げていく、そして検証し修正しまた積み上げていく、それしかないのでは?感覚でどうこうっていう予想はいらない。

・へんな夢を見てしまっている。
相場はゴールドラッシュじゃない。一攫千金の言葉に踊らされては本質を見失う。相場はそうじゃない。コツコツだと思う。一発当てたければ宝くじを買うべし。当たんないけど。



負けてしまうのは、自分が正しいと思いこんでしまうからだ。根拠の薄い自信だ。なぜなら殆どのアマチュア相場師は井の中のカワズのはずだ。9割が負けてしまうのは井の中で考えたことに固執するからだと思う。

退場した人の多くが妙な逆張り派が多い気がする。
ほんとに逆張りのよい点を理解しているか。
たぶん逆張りなら、つまり仕込んだところから反転して天井まで取れれば、底から天井までウハウハな利を稼げる、なんて妄想して入ってるんじゃないだろうか。実際そんなトレードってどのくらいできただろうか。
逆張りがメインになる人はよほど自分のチャート読みや状況判断、相場観、情報網に自信があるんだろう。ここで転換するという読みに自信があるんだろう。
でも井の中の・・じゃないか?

まず自分でデータをきちっと取るべきだ。逆張りと順張り、その勝率の比較や利益率の比較、それを取った上で逆張りは大きく利が稼げるか?同値撤退に逃げ込むことがせいいぱいだったことは多くないか。

トレンドの転換地点を予測するのはまず不可能だ。トレンドは後からわかるものだ。とすると、逆張りは底から天井まで根こそぎ取るためのものじゃなくて、下がりすぎた反発とか騰がりすぎた反落のちょこっとしたものを狙うものじゃないだろうか。しかしトレンドに逆らった、反発なんて何パーとれる?そんなノイズはよくて10%も満たないんじゃないか。しかも仕掛けたピンポイントで都合よく反転する可能性も低く、やはり多かれ少なかれまず含み損を抱える。へたしたら反転せずんそのまま。。
リスクは大きくてリターンは少ないんじゃないだろうか。逆張りにたいして思い込みはないだろうか。それも検証しないで続ける意味はあるのだろうか(それで負けなくなるなんてことがあるのだろうか)

僕は逆張りもする。それは動きがなくなった、トレンドがなくなった持ち合い相場に、その狭いレンジでのやり取りをするためだ。大きく抜こうなんて思わないし、持ち合いのレンジなんて、いつ壊れるかわかったものじゃないし、僕の妄想かもしれんので気を抜かない。つまり比較的時間に余裕があり相場を監視できるときだ。
基本的に逆張りはデイトレのように短期間にやり取りをするような場合に向いているのだと思う。
そしてタイミングを見誤った時のためにかならずロスカットが出来る人じゃないと逆張りはまさに神頼みの塩漬けりがちじゃない?


今回は逆張りがいい、順張りがいい、って事じゃなくて、なんでそのタイミングで仕掛けたんだっけ?ってことをちゃんと検証し、もし上に書いたような逆張りの幻想があったり、それとも相場観の大きなズレがあるんじゃないかということを一つ一つチェックしなければいけないということを書き残したい。チェックせずにそのまんまで後悔しかしないのなら、あわれお金はドブの中だ。生きない。

負ける人は予想をたてたがるって上に並べたけど、これはくっきりしてる。退場してしまった人の話やブログなどをみるといつも予想がメインに書いてある。カブトモでいつも参考にさせている(ほんとにカブトモの方々には感謝しています。かなり実際の利益に結びついていると思います)人や、僕の株の先輩方、勝ち残ってる人は予想は述べるが軽い。固執しないのがはっきりしてる。メインは方法論、はっきりとしたスタンスだ。”どうした”という結果や現状相場による対処の話にウェートをおき、相場予想なんてお天気の話なみにただの話の種だ。これはあきらかに違う。予想にひきづられてはいけない。その予想は誰が立てたのか。信頼できる?



僕は幻想を捨て、目をちゃんと開き、ちゃんと省みてトレードをすれば、利を残す可能性はそんなに低くないんじゃないかと思う。勝ってる人の意見や、トレード法を研究するのはもっとも重要なことだ。なんせ勝つ方法はその1割しかないのだから。
負ける9割と同じ考え、根性、性格で相場に臨んでいないか。だったら負けるべくして負けてしまう。



僕は本田宗一郎さんの「人には失敗する権利がある。だがしかし、それには反省と言う義務が付く。」 という言葉が好きで、これをナナメに見て真摯にうけとめようとしなければいつまでも9割のほうだし、たしかに9割の人はこの言葉にうなづきながらも軽く考えるのだろうなぁとも思う。
| - | 21:09 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 21:09 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする