「相場は悲観の中に生まれ、懐疑とともに育ち、楽観の中に消えていく」略して悲・懐・楽(ナゲーヨッ!)

最近の形は短期から中期のスイングをメインに乗れるときはデイトレ、みたいな感じです。タイトルはホントは「相場は悲観の中で芽生え、懐疑の内に育ち、楽観と共に成熟し、幸福と共に消えて行く」ですが余計長いしwもちっと手前で弱気が僕のスタイル。逆指値ラブ。損をしなければ利はついて来る!弱気で弱気で。
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ikeru君トレードの歩み


2006年4月
楽天証券に口座開設
160万の資金で株式トレード開始!
いきなり月〆でプラス33万!調子こく。
5月確定損益 −40M
マイナス街道へ。含み損切れず泥沼へ。
6月確定損益 −22M
含み損は仕込値から一時−50%を越え
(−70万にもなった)もはや現実逃避。
その時点で手仕舞いすると−110万と、
2ヶ月で資金3分の1に。
7月確定損益 +9M
地獄続行。もうどうしようもないと思ったが、
短期トレードがプラスになり始める。必死になる。
8月確定損益 +26.7M
ここで資産−10Mまで戻せた。ほっとした。このブログ始めた
9月確定損益 +19.2M
とうとう資産をプラ転へ。+12.4M。長かった。
10月確定損益 +40.1M
初めより資産+50.5M
11月確定損益 +21.2M
初めより資産+51.8M
12月確定損益 +41M
初めより資産+94.8M
2006年は確定損益で+135.4万
純資産増94.8万だった。よくやった
2007年1月確定損益 +54.2M
初めより資産+155M
40万出金。
2007年2月確定損益 +25.7M
初めより資産+186M
2007年3月確定損益 −8.9M
初めより資産+199.1M
2007年4月確定損益 +59.4M
初めより資産+265.6M
20万出金。
2007年5月確定損益 +67.4M
初めより資産増344.6M
30万出金。
2007年6月確定損益 +12.4M
初めより資産増352.8M
2007年7月確定損益 +27.9M
初めより資産増375.4M
2007年8月確定損益 +49.0M
初めより資産増425.5M
2007年9月確定損益 +39.4M
初めより資産増455.7M
2007年10月確定損益 +70.6M
最高月益!
初めより資産増533.5M
30万+50万、80万出金。
2007年11月確定損益 +15.8M
初めより資産増+560.3
200マソ出金!
2007年12月確定損益 +48.8M
初めより資産増+596
2007年は確定損益で+462.9万
純資産増+502.8万だった。最高によくやった
現在(1月末)株資金400M位
ARCHIVES
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
RECENT TRACKBACK
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 幻想を捨て反省を友に | main | トレンドってなに?逆張りってなに? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
華麗にスルー
すっかりここのことを忘れて、いつの間にか2009年。いや変わりなくやってるんですけど、こちらにはご無沙汰になっております。ここは秘密基地となっておりますな。

今日は華麗なるスルーについて。

やっぱり飲み会で株の話になったときの話題。

当然な話なんだけどなかなか出来ないことに”なにもしない”ってのがある。トレードにはまればはまるほど、たえず相場に参加せずにはいられない。
しかしそれは勝てない道なんだろうなぁ。こないだの大阪の女相場師もファンドマネージャーもそうだと思うのだけど、いつでも参加はだめになる。いつでも儲かる相場、いつでも儲かるスキルっていうのは、ないんじゃないか。神にはなれない。

でも女相場師やFMはやらざるえない。そういう職業だから。まぁFMはまだいい。損しておしまいですむ。
女相場師はタイーホ。個人は破滅まであるか。

これは不動産業、その中でもデべとか呼ばれる業種にもあてはまる。マンションデベロッパーで考えれば、マンションを建てて売り利益を得る。しかし不動産は売れないときがある。値下がりもする。地価がずるずる下がる。ローンも銀行が貸し渋る。しかしマンションデベは仕込み続け、売り続けなければならない。なんせそういう業だから社員は抱えているし、在庫は不景気になる前に仕込んだものだし。上場してれば売上はキープしなきゃなんないし。

そうしてダイアが2度飛び、モリモト、ホリウチ、日綜、先週はニチモが飛ぶわけです。
セザールも大京もみんなみんな飛んだわけですよ。
やめとけない業種だから。

だからやめとける人はやめとかなきゃいけないんですよね。儲ける為には。特に僕らは”業”じゃないんだから、やりつづけなくていい。儲ける為にやるんですから。

たとえば下のような動き。



現時点はCだとする。
こっからさらに下がってAの安値に向かうと予想し売る。
もしくは下げ渋ったから反発しBに向かうと思うので買う。

やっちゃうよねー。
この場合買いが正解か売りが正解か、それは関係ない。分かんないし。(ちなみに僕は上がるまで現状のトレンドと機械的に考えて売り継続だけど、それは置いといて)

この場合分かりはしないというのが正解で、ここは”華麗なるスルー”がベストチョイスだと思う。

ここはA地点まで待って、そこから反転してから買えばいい。絶対じゃないけど、その方が分かりやすい。
このCをスルーしたら、そこで反転して簡単にBに戻ったとして「ほら買っとけばーー」とかは考えない。そんなの関係ない。
いつでも参加し、いつでも勝たなきゃいけないわけじゃない(そんなの無理だ)
買っとけばーとかタラレバを考えちゃう人は間違いなく、向かない人だと思う。なんせ相場はいつだってタラレバ言えちゃうのだ。それは損の時も同じだ。

そしてそのタラレバがあるからエブリデイ、エブリタイムで手を出してしまうのだ。もちろんデイトレならエブリタイムだろうけれど、それだって”いつでも”じゃないだろう?
ましては兼業で株は副収入、もしくは小遣いで儲かればと思う人はエブリタイムやれば収入にも小遣いにもならない。損するだけ。

買ってない時に上がっても、売ってない時に下がってもいいのだ。いづれ取れる時に取れば。

持ち越している人はそうは言ってられません。現在プレイ中なのですから最後まで油断せず相場を注視していかなければ。あくまでも仕掛けの話。

ようは仕掛けるときのタイミング、自分のカンになってませんか?今の位置は中途半端だとわかっていながらそこには目を瞑り飛び込んでいませんか?ってこと。
休むも相場とはよくいう言葉。
僕らは華麗なるスルーが出来る身分。これを生かさなくてどーする。
たえず続けざるをえない”業”はだめな時は飛んでしまう。
相場を休める僕らは、一番財を残せる可能性があるんだと思います。

| - | 14:33 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 14:33 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする