「相場は悲観の中に生まれ、懐疑とともに育ち、楽観の中に消えていく」略して悲・懐・楽(ナゲーヨッ!)

最近の形は短期から中期のスイングをメインに乗れるときはデイトレ、みたいな感じです。タイトルはホントは「相場は悲観の中で芽生え、懐疑の内に育ち、楽観と共に成熟し、幸福と共に消えて行く」ですが余計長いしwもちっと手前で弱気が僕のスタイル。逆指値ラブ。損をしなければ利はついて来る!弱気で弱気で。
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ikeru君トレードの歩み


2006年4月
楽天証券に口座開設
160万の資金で株式トレード開始!
いきなり月〆でプラス33万!調子こく。
5月確定損益 −40M
マイナス街道へ。含み損切れず泥沼へ。
6月確定損益 −22M
含み損は仕込値から一時−50%を越え
(−70万にもなった)もはや現実逃避。
その時点で手仕舞いすると−110万と、
2ヶ月で資金3分の1に。
7月確定損益 +9M
地獄続行。もうどうしようもないと思ったが、
短期トレードがプラスになり始める。必死になる。
8月確定損益 +26.7M
ここで資産−10Mまで戻せた。ほっとした。このブログ始めた
9月確定損益 +19.2M
とうとう資産をプラ転へ。+12.4M。長かった。
10月確定損益 +40.1M
初めより資産+50.5M
11月確定損益 +21.2M
初めより資産+51.8M
12月確定損益 +41M
初めより資産+94.8M
2006年は確定損益で+135.4万
純資産増94.8万だった。よくやった
2007年1月確定損益 +54.2M
初めより資産+155M
40万出金。
2007年2月確定損益 +25.7M
初めより資産+186M
2007年3月確定損益 −8.9M
初めより資産+199.1M
2007年4月確定損益 +59.4M
初めより資産+265.6M
20万出金。
2007年5月確定損益 +67.4M
初めより資産増344.6M
30万出金。
2007年6月確定損益 +12.4M
初めより資産増352.8M
2007年7月確定損益 +27.9M
初めより資産増375.4M
2007年8月確定損益 +49.0M
初めより資産増425.5M
2007年9月確定損益 +39.4M
初めより資産増455.7M
2007年10月確定損益 +70.6M
最高月益!
初めより資産増533.5M
30万+50万、80万出金。
2007年11月確定損益 +15.8M
初めより資産増+560.3
200マソ出金!
2007年12月確定損益 +48.8M
初めより資産増+596
2007年は確定損益で+462.9万
純資産増+502.8万だった。最高によくやった
現在(1月末)株資金400M位
ARCHIVES
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
RECENT TRACKBACK
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< トレンドってなに?逆張りってなに? | main | トレードは予想し動かないほうがよい >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
両建て
今日は僕もよくやっちゃう両建て、両天秤の話。買いと売りのポジションを一遍に持ってしまうってやつですね。
僕かなり多いですよ、方向性への自信のなさの表れですw

両建て、ざっくり2パターンあると思う。

1、あるファクターに相反する動きをする銘柄を買いと売りで持つ。
まぁ僕はファンダで考えないんでよくわからないんですが、例えば、あくまでも例えばですよ、豚インフルエンザ流行に伴い、養豚系(どこなんだ?)関連を売り、製薬会社を買う、みたいな。攻撃的ですね。両方取る気で。

2、買い、もしくは売りに自信のない時、もしくは一定期間相場を見れないのでその間のリスクを無くす為、売りと買いを持つ。ヘッジってやつだね。

僕はもちろん全て2ですね。もともとファンダは意識しません。特にニュースによる飛び乗りは、やりたいなーと思うけど、大抵祭りのあとです。プロが動いた残りかすになっちゃうし、僕のファンダ予想なんてひどいもんですからね。大体アテっていうのは外れるもんです。

僕が両建てするのは全てリスクヘッジの意味合いです。利を減らしたとしても見てない間に、とーんでもないことにならないように。
と言っても、売りも買いもマイナスにはなりたくない、とも思いますね。あんま色気だすと失敗しますけど。

2のヘッジの両建てにも2種類ありますな。
1、同じ銘柄で買いと売りを持つ。完全な両建て。
2、違う銘柄で買いと売りを持つ。ちょっと欲を感じる両建て。

1、は全くの行って来いですね。損益を固定してしまう。2、はあわよくば両方で取ってやるぞって感じで欲丸出し、正確には両建てとは呼ばないかもしれないな。僕はこっちが多い。僕はこれを両天秤と言っている。
勿論、1もするわけで、これは使い分け、使うシチュエーションが違うの。
もともと両建てなんて、動けない時間帯に何かサプライズが起きて、ひどい目に合わないための保険。例えば持ち越しのアメリカの動きとかね。



こっからはあくまでも僕の我流な使い方、でもまぁ両建てってこういうもんだと思うのだけど。

1の同じ銘柄で両建ては、次の状態限定。
・買いか売りかどちらかで現在利益が出ている。
・まだ利が出そうだと思っている(トレンド継続だと思っている)
・しかししばらく忙しいとか旅行とかで見れない。
という場合、現在の含み益をそのまま凍結しておく時に。含みの利が出てないんなら意味はない。まぁほとんどの場合、旅行等出かける時は利確して出かけますけどね。
ある程度仕舞ってしまって利も受け取って、その残り、みたいな場面でです。
大抵まだトレンドはあると思っているので反対売買(つまりヘッジの方)は少なめになります。うまく外せれば少しでも利増と、欲の塊w

まぁうまく外せるほうが稀で、大抵あんまうまくないことになりますがね。僕のスキルじゃ。
でもすっかり忘れておけるっていうのはいいです。まぁ綺麗さっぱりしとけよっていう話ですが、それじゃ面白みもない。利が出た後の、その利を無くさない程度の、言い方は悪いけど遊びの部分。相場から離れ切るのも淋しいし、僕の場合こういう繋がりを残しておかないと、復帰後ぴんとこなかったりする。
まぁ条件が条件ですので、実はあんまこの両建ては無い。



やっぱりしょっちゅうは2、の違う銘柄で両天秤というやり方。
これは僕の場合しょっちゅうやる。なんせ明日はどう始まるかわからない。
もちろん場面はあって、ボックス圏から抜けられないようなトレンドが上か下かわからない相場で、現在のポジションの含みがプラスかほとんど原点の状態の時。
もしくはどーーんどーーんと動いて、トレンドははっきりしてるんだけど、このへんでいくらなんでも押すかもって場面。
ある程度マイナスを含んでいたら絶対にしません。処理してからです。それは後で書きます。

僕はほとんど東1の指数に連動するような銘柄ばかりいぢっていますから、別々の銘柄を選んでもそんなにビックリしたバラバラな動きはないとします(実際はするんで困るんですけどw)


例えば買いで現在持ち越していたとして、両天秤にするには最近冴えない感じで頭を押さえ込まれてじりじりのところを売る。もしくはマイナスにはビンカンに動くところ。銀行とかね。
そんでどちらも逆指値はきっちり決めときます。ダメージがない程度のところ。
反対のほうは−2.5%位、最悪でも−3%以内では切れるようにしときます。もともと最初の仕掛け(この場合買い)が自分の考える方向ですから、そちらに伸びる分には冷静に対処するでしょう、たぶん。
保険で掛けたほう(この場合売り)は、”もしも”のほうですからあんまり伸びてもらっても困る。だけどそっちが伸びてきたら、僕の最初の考えは見直すべきかも知れませんし、ただの押しかもしれない。新たな判断を迫られます。
まぁ反対を伸ばす時は最初の仕掛けを利確するかLCするかしてると思います。
トレンド継続なら、反対のほう(売り)は無駄になります。さっさとLCです。


まぁ書いているようにはうまくいきませんがね。
ようは相場を見れてるうちはこんな両建ていらんのです。見れてないときや、翌日のGU,GD、思いがけない週末のニュース、アメリカ動向、そのへんの保険です。



先ほど含みがマイナスのときは両建てしない、と書きましたが多分当然のことです。
例えば極端ですが、1000円で買って、落ちてきちゃって500円で青くなって売り建て。現在750円。買いも売りもマイナス。何にもなりません。プラスにするの大変です。確かにマイナスの拡大はなくなりましたが、ほんとそんなの何にもなりません。身動きが取れなくなるだけ。両建てしている場合じゃなくてさっさと切るなりして、次の考えに向かうべきです。まだナンピンの方がいい、というか理解できる。オススメは出来ないけど。

他の例では、

この1で買っていたとします。買値も割って急落しあわてて2で売り建て。たしかに後からの売り建てのほうはプラスになってます。しかし1の買いはもっとひどいことになっている。ここからまだ下がるかも知れないと思ったら現在は利益の出ている売りを外せますか?むずかしいよ。
もちろん底を付けて再度上がってくるまで、両建て継続して辛抱しとくのが手なのでしょう。しかし僕は無いな。そんなのを”固い手”とは言えない。やるならさっさと買いはLC、その後直近の下値(ひげの部分)を割ったら売りに転換すりゃいい。したら、売りの部分はまるまる儲けだ。確かに、往復ビンタもあるかもしれない。でもそれにしても短期で結果がでる。次へ行ける。両建てで身動きとれず時間ばかり過ぎていく、なんてとても損失だと思うのです。無駄。人生の無駄。
両建てはあくまでも先送りです。出来ることなら、両方でプラスを取るという前向きな両建てにしたいものです。

両建ては外すときが難しいものです。先送りと書きましたが、いつまでも送れません。
あくまでも買いと売り、おのおののLC地点は普段どおり考えておくべき。損が大きくなれば躊躇が生まれるのは、変わりませんから。
両天秤でうまくいけばと欲ははるのですが、あくまでヘッジです。買いと売り二つあわせて片っぽの利益くらいでいいんです。いつも+3%狙っているなら、ヘッジのほうで+1%とれたら本命は+2%でもいい、位のね。

そして両天秤の売りと買いが別銘柄の場合、おのおの思惑の反対に動く”股裂きーーー”もありえるから、やっぱり銘柄選びも慎重にね。
| - | 23:44 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 23:44 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする