「相場は悲観の中に生まれ、懐疑とともに育ち、楽観の中に消えていく」略して悲・懐・楽(ナゲーヨッ!)

最近の形は短期から中期のスイングをメインに乗れるときはデイトレ、みたいな感じです。タイトルはホントは「相場は悲観の中で芽生え、懐疑の内に育ち、楽観と共に成熟し、幸福と共に消えて行く」ですが余計長いしwもちっと手前で弱気が僕のスタイル。逆指値ラブ。損をしなければ利はついて来る!弱気で弱気で。
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ikeru君トレードの歩み


2006年4月
楽天証券に口座開設
160万の資金で株式トレード開始!
いきなり月〆でプラス33万!調子こく。
5月確定損益 −40M
マイナス街道へ。含み損切れず泥沼へ。
6月確定損益 −22M
含み損は仕込値から一時−50%を越え
(−70万にもなった)もはや現実逃避。
その時点で手仕舞いすると−110万と、
2ヶ月で資金3分の1に。
7月確定損益 +9M
地獄続行。もうどうしようもないと思ったが、
短期トレードがプラスになり始める。必死になる。
8月確定損益 +26.7M
ここで資産−10Mまで戻せた。ほっとした。このブログ始めた
9月確定損益 +19.2M
とうとう資産をプラ転へ。+12.4M。長かった。
10月確定損益 +40.1M
初めより資産+50.5M
11月確定損益 +21.2M
初めより資産+51.8M
12月確定損益 +41M
初めより資産+94.8M
2006年は確定損益で+135.4万
純資産増94.8万だった。よくやった
2007年1月確定損益 +54.2M
初めより資産+155M
40万出金。
2007年2月確定損益 +25.7M
初めより資産+186M
2007年3月確定損益 −8.9M
初めより資産+199.1M
2007年4月確定損益 +59.4M
初めより資産+265.6M
20万出金。
2007年5月確定損益 +67.4M
初めより資産増344.6M
30万出金。
2007年6月確定損益 +12.4M
初めより資産増352.8M
2007年7月確定損益 +27.9M
初めより資産増375.4M
2007年8月確定損益 +49.0M
初めより資産増425.5M
2007年9月確定損益 +39.4M
初めより資産増455.7M
2007年10月確定損益 +70.6M
最高月益!
初めより資産増533.5M
30万+50万、80万出金。
2007年11月確定損益 +15.8M
初めより資産増+560.3
200マソ出金!
2007年12月確定損益 +48.8M
初めより資産増+596
2007年は確定損益で+462.9万
純資産増+502.8万だった。最高によくやった
現在(1月末)株資金400M位
ARCHIVES
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
RECENT TRACKBACK
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 両建て | main | 株も人と人の付き合い >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
トレードは予想し動かないほうがよい
わぁ。また久々です。忘れたころにやってきますw

僕はつねづね、予想はしても予想でトレードはしない、と心がけています。いや心がけいるというか、そうなった。勝つように、負けないようにするとそうなるんです。自然に。

もちろん予想しなきゃ株を買うことも売ることもできない。タイミングがない。
僕も以前実験したようにサイコロでトレードはしていない。目論見はある。
しかしそれはただのタイミングであり、ただのタヌキの皮算用です。予想はインした時点で終了、つまりきっかけとしての予想はあるけど、トレードの完結(仕込んでから仕舞うまで)には予想は必要ない。トレードには予想は関係ないというわけです。


いろいろな本、株雑誌には経済予想や推奨銘柄が書いてあります。もしくはこうやって(チャートだったり、四季報を読んだり)予想しよう、とレクチャーしています。あれを見て「株は勉強して予想するものだ」と誰もが思ってしまう。そして誰もが預言者になろうとしてしまう。
僕もそうだった。株トレードってそういうものだと思って最初は向かっていました。

結論を極論で言ってしまうと、全くの間違い。嘘っぱち。トレードは予想に基づいて行えば負ける。損をするようになっている。
そりゃ勝つこともある。基本2分の1(←これも数字のマジック、実はもっと確率の悪い戦いだということは誰もが承知でしょ)だから勝つこともある。でもわかっている通り、トータルで勝たなきゃ勝ったとは言えない。予想でやれば結果は損。

それを証拠に、去年の今頃の株雑誌を引っ張り出して、どの評論家や有名トレーダーの予想銘柄でもいいからそれでシミュレーションしてみて。ここまでの相場ならみな退場になるから。たぶん実際にこの予想に乗っかって退場された方もいるかもしれない。ヒドい話だ。

で、本や雑誌で予想をぶちかましていた本人は退場されていない。プロならば退場してないだろう。
なぜなら予想でトレードをしないからだ。彼らが予想をするのは株取引のためじゃない。本を売るため、予想を売るため、もしくはものすごーくうがった見方をすれば一般トレーダーに「株とは予想するものだ」と洗脳し肥やしにするためだ。というと、ヤッパ極論かな。
まぁエントリィのきっかけを指し示しているだけなのでしょう。


なぜこんなに僕が「予想でトレードするな」、と言うかというと、相場はほぼ予想通りいかないからだ。予想でトレードすればその予想(つまり期待)に合わせて物事をみてしまう。客観的に見れず(本人は見ているつもりだが)、ますます現在起こっていることが目に入らなくなってしまう。この予想通りいかないという事実が、「トレードは予想してやるもの」という刷り込みによって、予想通りいかないわけない、となってしまう。予想してやるものなんだから、まだまだ予想に当てはまっているのではないかという泥沼にはまってしまう。悪い情報、悪い動きにはいっさい目をつむり、いずれ予想したほうへ戻ってくると思ってしまう、というか願ってしまう。はかない願いだ。

大げさなと言うなかれ、負けトレーダーやもう退場された方のブログや言動は、ほぼ100%この泥沼にはまっている。予想してトレードをするものだ、という思い込みから抜け出せないから。

予想を白紙にし、あてにしないことを僕はリスク管理と呼ぶんだと思います。


でもね、予想はするんだよね。人間はさ。
株以外の人生でさ、今まで大体予想しながら生活してきたわけじゃないですか。そういう今まで、予想してそれに向かって進んできたわけ。それは予想、というか理想、期待。
でもさ、株は期待に向かっては進めないのです。なぜなら、自分の努力じゃなくて、相場がかってに値動きするわけですから。向こう合わせなんです。僕らは株券を握りしめた傍観者の立場なのです。自分の生活なら自分で予想(期待)に合わせて軌道修正できるけど、トレードはできない。出来ることはリスク管理だけなんです。ほんとに。

だから今まで生活経験に当てはめず、新しい概念だくらい頭をリセットしないといけない。
じゃないとやっぱり予想にひきづられどうしても客観的に動けなくなってしまいます。
だから僕は「予想でトレードをしてはいけない。トレードするなら勉強してちゃんと予想しようというのは嘘っぱちだ」と言うわけです。

多分トレードで一番大事なんじゃないかと思う。その上で順張りだ逆張りだ、トレンドだロスカットだって話なんだと思う。僕がもし今誰かに初めてアドバイスするなら、そこからだな。


いま逆張りって書いたけど、ここまで下がったんだから上がるだろう、逆にここまで上がったんだから下がるだろう、調整になるだろう、と仕掛ける。これも予想による仕掛け。この予想による仕掛けについては僕は、まぁいいんじゃないのとは思う。もちろんただの根拠なき予想じゃ、お勧めは出来やしないけど、まぁいいんじゃないのと思う。
だけど、仕込んだ瞬間にその予想は捨てるべき。あとはもう乗り込んじゃったんだから、目の前の動きで判断する。予想に目の前の動きを合わせて考えるのじゃなくて。とくに逆張りだったら、そこでトレンドが変わらなかったらもう予想は壊れているんだ。「あれ?もうちょっとかな?もうちょっとかな?」と含み損に耐える、というか目をつむることこそ負ける唯一の原因だ。


ある有名な株トレードブログ。とてもキップがいいし、なんか話題が面白くて読むのは好きなのだけど、そのトレードだけはとても心がいたい。1000万位無くして、まだ強気なのだけど(実際はそうではないだろうなぁ)。
その方は空売りがメインなんだけど、「こんなに上がってるんじゃ、きっと下がる!」といって空売りに入る。それはいい。いや良くないけど。何で上がったかもまったく確認しないで、しかもチャートでは噴き上がっただけじゃなく、ほとんどの指数が上向きでも行っちゃうからかなりの確率で担がれちゃうんだけど。まぁそれはいい。何があるかわからないから。
でもこの「何があるかわからない」という言葉は良い予想に使うのではなく、悪い予想につかうべきだ。何があるかわからないから、損をしないように立ち回るのだ。
しかしその方は、「なんで上がるんだー、そんなわけないー」と言ってホールドする。もしくはナンピンして売り増す。そして身動きが取れなくなる。

これはもう一度1000万を増やしても結局同じことになってしまうだろう。そりゃどっかで一発あたって、一瞬「がはは、勝ったどー」となるかもしれない。けれど、結局は同じとこに戻ってくるだろう。残念ながら。
”今”噴き上がったものに、”今”儲けようと思って、空売りをかけたわけで、それが何か月も数十%もの含み損に耐えているなんてもうすっかり予想に外れてしまっている。しかし「株は予想でするもの」と思っていると、まだ予想したように、つまり落ちてくる(まさか利益がとれるとは思っていないだろうが、空売りだから期限があります)とそのままで、いつか記述も「我慢の投資」とすり替わっている。
人間は予想に合わせて行動してしまうのです。ルールなど、もしあっても予想の前では無意味です。
今、信用枠があるので「お金があったら勝負にいかずどうする」とおっしゃっているので、幸運を祈りますが、最終結果はこのままでは同じでしょう。

これはこの方が間違っているというより(いや、本人は生き甲斐なのだろうから、それはそれでいいんでしょうが)、株は予想して”信念”の下にトレードするもの、のような勘違いが蔓延し、そのままどんどん新たなトレーダーを呼び込む日本の投資環境、投資教育が間違っていると思う。簡単に予想できるように思わせるマネー雑誌が悪いんだと思う。
いやもちろん全ては自己責任なんだけども。


でもさ株は「予想でするものじゃない」という決定的事実を最初に教えるべきなのだ。学校で教えてもいい。学校でリスク管理すらも教えず、どんどん投資しなさいという国は国民を財布と思っているとしか思えない。
アメリカで中学くらいで「景気予想」ではなく「資産のリスク管理」を教えてるところがあるという記事を新聞で読んで、さすがアメリカ、市場に人を呼び込むには最低限の教育をするんだなと思ったことがあります。



最後に別の話なんですけど、僕はビジネスでもある面、あんまり予想に固執しちゃいけないと思うんですよ。
経営者は予想が期待になってしまうと、舵取りを間違えてしまうでしょう。これはトレードと同じ。トレーダーはある意味経営者だからね、当然。
そしてビジネスマンは自分の勝手な予想で壁を作らないほうがいい。よく「どうせ断られてしまうから、ここには営業をかけない」とか勝手な予想をして、動かない理由なってしまったりするけど、それじゃとても勝ち抜けられない。
そこにも出来る人、ダメな人、分かれてしまうと思う。
予想はほどほどに。その場のすぐれた判断こそ、求められているのです。
| 株 トレードLVアップを目指す | 12:28 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 12:28 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする